↑今一番おすすめの記憶術です。タダ読みだけで価値があります。

人はなぜ忘れるのか?

記憶術を確かなものとするためには、多くの情報を覚える事より、覚えた情報を記憶することに意味があります。
しかし、人は覚えた事を直ぐに忘れてしまいます。
その時にしか利用しない情報であれば、直ぐに忘れてしまっても構わないのですが、脳の退化などとは関係なく人は直ぐに忘れています。
人は単純に単語を覚えようとしても、30分も経てば半数は忘れてしまうと言われています。
翌日には覚えた事の殆どを忘れてしまうのです。
人は何度も復習を繰り返し、脳にインプットさせなければ直ぐに忘れてしまう事になります。
その為、勉強をする時には繰り返し復習するという勉強方法が一般的になっています。
何度も感じをノートに書き出したり、覚える必要がある事柄を何度も覚えなければなりません。
人は覚えた事を直ぐに忘れてしまうのだから、何度も繰り返し脳に叩き込むまで行わなければならず、忘れる事との戦いとも言えるでしょう。
受験勉強においてはどれだけ勉強に時間を費やしたか、どれだけ繰り返し覚える作業を行ったかによって結果が違ってくるでしょう。
人は頑張って覚えようとする事は直ぐ忘れ、楽しかった記憶など良い面では一生覚えている事もあります。
この違いは記憶の違いによって起こります。
楽しかった事は自分が経験し、楽しいという気持ちが生まれています。
しかし、覚えようとする勉強方法は、頭に情報を詰め込むだけに過ぎません。
勉強でも体験を兼ねた方法では意外と思えていることもあります。
例えば理科の実験をした場合、先生が楽しい話題と合わせて行った勉強などです。
体験した事の記憶は3歳頃くらいから発達しますから、通常は赤ちゃんの頃の記憶は持っていません。
3歳以降になると体験したことの多くを記憶していきますが、全てを記憶しているわけではありません。
毎日の出来事を全て記憶してしまうと、脳がパンクしてしまうので、必要な情報と不必要な情報とを分けているのです。
記憶する情報を体験として記憶し、それを脳に使う情報だと認識させるのが記憶術です。

記憶術は長年研究され、様々な記憶術が登場しました。 現在も研究されつづけていますが、、個人的に「ああ、なるほどな」と思った記憶術がいくつかあります。
下記の記憶術の理論は、読むだけでも非常に参考になるので一読してみることを強くおすすめします。

川村明宏のジニアス記憶術

上記が現在の日本では画期的な記憶術のひとつとなります。
あくまで参考までにご覧下さい。
川村明宏のジニアス記憶術は、「ああ、なるほどな」という方法論です。

このページのTOPへ戻る


footline