↑今一番おすすめの記憶術です。タダ読みだけで価値があります。

記憶術は見世物だった?

記憶術を他人に分かってもらうためには、実践してみるしかありません。
テレビなどで多くの数字を瞬時に記憶したり、多くの情報を覚える達人を見た事があるでしょう。
その様に記憶術を見せる事によって人に証明させることになるのです。
その為、記憶術はかつて見世物だった事があります
人を驚かすパフォーマンス的な存在だったのです。
驚くべき能力を利用し、人を驚かせ大道芸人のようにお金を稼ぐ人もいました。
実際にギネス記録を保持している友寄英哲氏がかつて記憶術によって生計を立てていたという記録が残っています。
現在でも円周率を記憶する達人はテレビなどで偉人として紹介されることもあります。
しかし、記憶術を利用すれば桁数に限らず脳に記憶させ、利用できる情報として覚える事は可能なのです。
テレビでサヴァン症候群の人が円周率を記憶するという事が放送されていた事がありますが、記憶術もこれと同様の方法を利用しているだけです。
サヴァン症候群の人は脳の使い方が偏っている為、ある能力に特化してるのですが、普通の人も脳の使い方をマスターする事によって記憶術を行えるのです。
今でも記憶術はパフォーマンス的な存在だと思っている人も多いようですが、そのコツを身に付けるだけで誰でも行える方法です。
もしかしたら、今でもパフォーマンスとして人を驚かす事が出来るのではないでしょうか。
実用的にも利用できますし、人と違った部分を見せる存在にもなる事でしょう。

記憶術は長年研究され、様々な記憶術が登場しました。 現在も研究されつづけていますが、、個人的に「ああ、なるほどな」と思った記憶術がいくつかあります。
下記の記憶術の理論は、読むだけでも非常に参考になるので一読してみることを強くおすすめします。

川村明宏のジニアス記憶術

上記が現在の日本では画期的な記憶術のひとつとなります。
あくまで参考までにご覧下さい。
川村明宏のジニアス記憶術は、「ああ、なるほどな」という方法論です。

このページのTOPへ戻る


footline