↑今一番おすすめの記憶術です。タダ読みだけで価値があります。

記憶術の利点

記憶量がアップする事によるメリットは、多数思い浮かべる事が出来ると思います。
例えば試験勉強に役立てる、仕事の能率をアップさせる、新しい事に挑戦する、人から魅力的だと思われるような会話を身に付ける、スポーツを楽しむ、芸術を楽しむなど様々な分野で活躍できると思います。
記憶術は単に記憶力をアップさせるだけでなく、多く得た情報によりその人の生き方にも左右してしまいます。
何でも知っている頭の良い人になるだけでなく、脳の働きが活性化されるため、頭のキレる魅力的な人物になる事も出来るでしょう。頭の良い人と勉強が出来る人はちょっと異なります。
ボケ防止などの効果もあると思います。
記憶術を利用すると、一度に写真を撮るかのように多くの情報を覚える事が出来るようになります。
単語や難しい専門用語も短時間で多くの情報を覚える事が出来ます。
記憶術を利用すると、無理やり記憶させるのとは異なり、楽しみながら行えるので、忘れる事が無く苦痛もありません。
記憶力が異常に優れている人の例としては、サヴァン症候群の人が良い例です。
この病気の人は脳の一部が活性化されていたり、ある能力にだけ特化した優れた能力があります。
レインマンで登場した人は、大量の情報を一度に覚える事ができ、その情報を本棚から引き出すように瞬時に出す事が出来ます。
大量の情報にも関わらず、脳で見ているかのように引き出せるのです。
記憶術のポイントは、記憶力をアップさせるのではなく、一度行った記憶を利用できるようにすることです。
頭に情報を入れ、脳に保存し、その情報を引き出すことが出来ます。
記憶術では一度に覚える項目が増えても利用できます。
通常の覚え方では、記憶し脳に保存した後、その記憶を引き出すことが出来なくなってしまいます。
頭に入れる脳、記憶する脳、取り出す脳が全てネットワークで繋がっていなければ出来ないのです。
これらの能力は特別なような気がしますが、訓練を行えば誰でも出来る事です。

記憶術は長年研究され、様々な記憶術が登場しました。 現在も研究されつづけていますが、、個人的に「ああ、なるほどな」と思った記憶術がいくつかあります。
下記の記憶術の理論は、読むだけでも非常に参考になるので一読してみることを強くおすすめします。

川村明宏のジニアス記憶術

上記が現在の日本では画期的な記憶術のひとつとなります。
あくまで参考までにご覧下さい。
川村明宏のジニアス記憶術は、「ああ、なるほどな」という方法論です。

このページのTOPへ戻る


footline