↑今一番おすすめの記憶術です。タダ読みだけで価値があります。

記憶の絶対量

記憶には限度があると感じていませんか?
いくら勉強しても、暗記を繰り返しても覚える量には限度があり、その許容量を超えると覚えた事も忘れてしまうと感じていると思います。
これは事実です。
試験勉強や資格取得の再に覚えようとする事柄は、無理やり脳に詰め込んでいます。
覚えたいとも思っていない事で、無理やり脳に押し込めているだけに過ぎませんから、試験が終わった瞬間忘れてしまう事も珍しくありません。
人の脳に記憶力の許容量があると感じるのは、記憶の仕方に問題があるとも言ってよいでしょう。
人生を歩む上で、記憶力がその人の人生を左右するといっても良いでしょう。
では、記憶力を付けたいと感じているなら、今までの無理やり詰め込む記憶方法を変える必要があります。
記憶術では苦痛を感じながら記憶するのではなく、大量の事柄を一度に暗記できてしまう方法です。
今まで記憶力がないと感じていた人や、試験勉強が辛いと感じていた人にとって、記憶術は大きな喜びとなるでしょう。
記憶量に限度があると感じているのは、その人の記憶の仕方が間違っているだけの事です。
その人の脳の限界を超えている事とは異なります。
人は使っていない脳があると言われていますから、脳の使い方マスターし脳を活性化させ、効率よく働かせる事が出来るようになれば記憶力もアップします。
今までまったく利用していなかった脳は退化するばかりですが、新しく脳を使うようになれば、ネットワークはどんどん広がり、脳の活性化の相乗効果を生みます。
記憶量に限度があると感じていた人は、脳の使い方をマスターするだけで良いのです。

記憶術は長年研究され、様々な記憶術が登場しました。 現在も研究されつづけていますが、、個人的に「ああ、なるほどな」と思った記憶術がいくつかあります。
下記の記憶術の理論は、読むだけでも非常に参考になるので一読してみることを強くおすすめします。

川村明宏のジニアス記憶術

上記が現在の日本では画期的な記憶術のひとつとなります。
あくまで参考までにご覧下さい。
川村明宏のジニアス記憶術は、「ああ、なるほどな」という方法論です。

このページのTOPへ戻る


footline