記憶術とは 目次

記憶術とは 記憶術はだれでもできます


↑今一番おすすめの記憶術です。タダ読みだけで価値があります。

記憶術はだれでもできます

実は記憶術は誰にでも行う事が出来ます。
記憶術は脳の使い方を覚えるだけなので、今まで使っていなかった脳が活性化され、誰でも記憶力がアップします。
記憶術で利用するのは、主に右脳や前頭葉の部分を利用します。
右脳は芸術家タイプで、立体的に物を見る能力に優れています。
理論派や決まった事に囚われやすい人は左脳派、空間能力に優れており物事を立体的に捉える人は右脳派です。
どちらが優れているとは言い切れず、それぞれの個性があります。
しかし、記憶力を高める為には、右脳と前頭葉をうまく働かせることにあるのです。
人はみな脳を驚くほどに活性化させることが出来ます。
しかし、殆どの人は使われていない部分が多く、自分の潜在能力に気が付いていないだけです。
記憶力が良いと感じている人は、自然と記憶術の脳の使い方をマスターしています。
その人たちの真似をすれば新しい脳のネットワークが結ばれ、どんどん脳が活性していくのです。
記憶術は受験などにも役立ちますし、脳の回転を早くする事にも繋がるので、仕事の能率やスポーツなどにも利用できます。
集中力が増し、想像力が豊かになって人生における役に立つ武器となる事でしょう。
スポーツ選手は左脳と右脳を両方使う事が多く、脳も常に働かせている為、記憶力だけでなく想像力や空間把握力など様々な点で優れています。
しかし、一般の人でも訓練すれば誰でも脳は活性化しますし、ただ使っていなかっただけの違いなのです。

記憶術は長年研究され、様々な記憶術が登場しました。 現在も研究されつづけていますが、、個人的に「ああ、なるほどな」と思った記憶術がいくつかあります。
下記の記憶術の理論は、読むだけでも非常に参考になるので一読してみることを強くおすすめします。

川村明宏のジニアス記憶術

上記が現在の日本では画期的な記憶術のひとつとなります。
あくまで参考までにご覧下さい。
川村明宏のジニアス記憶術は、「ああ、なるほどな」という方法論です。

このページのTOPへ戻る


footline