↑今一番おすすめの記憶術です。タダ読みだけで価値があります。

人に教えると覚える

人は記憶を行うときに、他人でも分かりやすい言葉で説明するように覚えると良いのです。
人に説明するときには、自分が分かっている事柄でも、他人にとってはわからない事を付けたし、分かりやすい言葉で話さなければなりません。
時には自分が分かっているようでも、うまく言葉が見つからなくて、説明が出来ない場合もあるでしょう。
人に説明が出来ないという事は、その事柄について理解が不十分だという事が分かります。ある部分に関しては理解していても、補足する部分に関して理解していないのでは意味がありません。
人が疑問に思うだろうと想像できる事柄を思い浮かべ、人が分かりやすい言葉で説明しなければなりません。
説明を行うときも、記憶を行うときも、工夫を行えば行うほど記憶力がアップします。
自分が理解できている事をうまく言葉に訳し、相手が分かりやすい説明のし方を考え、関連する項目に関しても説明するのです。
単に単語を覚える時よりも、何倍もの脳を使っている事が分かるでしょう。
脳の回路は使えば使うほど活性化されていき、知識がどんどん入ってくると、その知識を元に新たな知識を得られるようになるのです。
何事も基礎がなっていなければ意味が無いのと一緒で、人に説明するときも基礎力が無ければ相手に分かりやすく説明する事が出来ないのです。
専門分野に関しては、まったく知らない人に向かって説明するような感覚で行うと良いでしょう。
そうすると、自分が知っているようで知らなかった事柄が見つけ出せます。
初歩的な事柄が理解できていない事に気が付くでしょう。

記憶術は長年研究され、様々な記憶術が登場しました。 現在も研究されつづけていますが、、個人的に「ああ、なるほどな」と思った記憶術がいくつかあります。
下記の記憶術の理論は、読むだけでも非常に参考になるので一読してみることを強くおすすめします。

川村明宏のジニアス記憶術

上記が現在の日本では画期的な記憶術のひとつとなります。
あくまで参考までにご覧下さい。
川村明宏のジニアス記憶術は、「ああ、なるほどな」という方法論です。

このページのTOPへ戻る


footline