↑今一番おすすめの記憶術です。タダ読みだけで価値があります。

情報を整理する

単純な項目を覚えるときには、どのようにしていますか?
分類別されていないランダムに作られた項目を覚える為には、自分なりにグループ分けを行うと記憶力がアップします。
食べれるもの、赤いもの、動物など簡単な関連付けを行いましょう。
無機質に単語を覚えるときは記憶力に限界がありますが、多くの項目を覚えるときには、分類を行う事で簡単に覚える事が出来るようになります。
例えば10個の単語があったとしたら、それを単に覚えるのでは順番に覚えているだけに過ぎないでしょう。
それが20個など数が増えてしまえば、覚える限界が来てしまうに違いありません。
しかし、10個の段階からある法則にしたがってグループ分けをしておきます。
3種類くらいに分けられたら、1種類ごとに3〜4個入っているわけですから、その種類に関して数個覚えるだけでよい事になります。
後は分類分けした種類ごとに覚えれば良いので、幾つかに分けて法則的に覚える事が出来るのです。
数が20個に増えても、4種類に分けても一つの種類に対して5個程度入っていることになります。
その程度なら覚えられるような気がしませんか?
4種類を記憶する事は意外と簡単です。
その中でも5つの単語を導き出す事も意外と簡単です。
それが100個など多くの数になってくれば、それは記憶術の訓練が必要となってきますが、数十個程度ならちょっとしたコツを覚えるだけでも出来るのです。
記憶は脳の衰えによって記憶の量が異なったり、その人がどれだけ脳を使っているかによっても変わってくると言われています。
しかし、年齢や経験が無くても、ちょっとした記憶術のコツを知っているだけで、大幅に記憶力がアップするのです。

記憶術は長年研究され、様々な記憶術が登場しました。 現在も研究されつづけていますが、、個人的に「ああ、なるほどな」と思った記憶術がいくつかあります。
下記の記憶術の理論は、読むだけでも非常に参考になるので一読してみることを強くおすすめします。

川村明宏のジニアス記憶術

上記が現在の日本では画期的な記憶術のひとつとなります。
あくまで参考までにご覧下さい。
川村明宏のジニアス記憶術は、「ああ、なるほどな」という方法論です。

このページのTOPへ戻る


footline