↑今一番おすすめの記憶術です。タダ読みだけで価値があります。

紙に書いて覚える

覚える項目が分かっているなら、単純に目で見て記憶させるより、文章に書くという動作を行った方が記憶力がアップします。
英語の単語や漢字を覚える方法などに利用されていると思います。
人は目で見るだけでは直ぐに忘れてしまいますが、手を利用する事によって脳の働きが活性化され、記憶力がアップするのです。
脳の一部を利用するより、色々な関連付けをする為に、様々な関連する脳をフルに使った方が記憶力はアップします。
目で見る時に利用する脳の部分、手で字を書く脳の部分、記憶する脳の部分。
様々な脳の働きを活性化させ、脳の神経回路をうまく働かせている事になります。
手を動かすと集中力を高める事にも繋がります。
手先の器用さと脳の働きは関係あると聞いたことがありませんか?
痴呆の予防法には手先を使う仕事がむいていると言われています。
その為にも縫い物などの細かい手作業や、指先を使う折り紙、大人の塗り絵なども注目を浴びています。
特に大人の塗り絵は、手先を使い、どのような色を使ったらよいかイメージを働かせる事によって、脳の活性化に有効なのだそうです。
最近ではパソコンなどの普及により、文字を書くことが少なくなっていますが、繰り返し覚える項目に関しては基本的である、人の手を使って文字を書くことが大切なのです。
ここで注意したいのが、覚える為に文字を書くのであって、後で見直す為にノートを整理するのではないことです。
漢字を覚える為に、繰り返しチラシの後ろにでも何度も何度も書いた覚えがありませんか?
記憶を確かなものにする為にも、手を使って脳の働きを良くするのです。

記憶術は長年研究され、様々な記憶術が登場しました。 現在も研究されつづけていますが、、個人的に「ああ、なるほどな」と思った記憶術がいくつかあります。
下記の記憶術の理論は、読むだけでも非常に参考になるので一読してみることを強くおすすめします。

川村明宏のジニアス記憶術

上記が現在の日本では画期的な記憶術のひとつとなります。
あくまで参考までにご覧下さい。
川村明宏のジニアス記憶術は、「ああ、なるほどな」という方法論です。

このページのTOPへ戻る


footline