↑今一番おすすめの記憶術です。タダ読みだけで価値があります。

繰り返し学習

一般的に繰り返し、繰り返し覚えるようにすれば、記憶として利用できると言われています。
しかし、記憶術では単に単語を覚えようとするより、イメージとして捉えたり、分かりやすいように置き換えたり、気持ちと結びつけて行います。
このような記憶術を使うと、単調な単語でも数多く覚える事が出来るようになり、1週間たった日でも忘れる事がありません。
しかし、覚える事のレベルが上がるにつれて、理解しただけでは覚えられない事柄も出てくるでしょう。
そんな時には、やはり初歩的な繰り返し覚えるという作業が役に立ちます。
記憶術が役に立つのは、覚える項目がたくさんある時、単調な単語が並んでいる時などです。
記憶術を得意とするのは、ぱっと見ただけでも理解できるような事柄で、円周率を覚える事が良い例です。
逆に覚える項目が少なく、規則性があるものでは記憶術を利用するより、繰り返し覚える方が早いのです。
記憶術にも不向きがあるので、時には繰り返し覚えるという一般的な方法を利用しなければなりません。
繰り返し覚える方法としては、一度覚えた項目を30分後にまだ覚えているかテストする方法です。
その段階で覚えていない項目をもう一度頭に記憶させれば良いのです。
よくスポーツをする時には、「作を体に覚えさせる」という表現を使います。
これも繰り返し脳に焼き付けるという意味で一緒です。
頭で考えるより、体が自然と動くまで繰り返し行うのです。
頭で考えているわけではありませんが、脳の記憶の一部を利用している事になります。
記憶術を利用したり、繰り返し覚える方法を利用したりとケースバイケースで利用してみましょう。

記憶術は長年研究され、様々な記憶術が登場しました。 現在も研究されつづけていますが、、個人的に「ああ、なるほどな」と思った記憶術がいくつかあります。
下記の記憶術の理論は、読むだけでも非常に参考になるので一読してみることを強くおすすめします。

川村明宏のジニアス記憶術

上記が現在の日本では画期的な記憶術のひとつとなります。
あくまで参考までにご覧下さい。
川村明宏のジニアス記憶術は、「ああ、なるほどな」という方法論です。

このページのTOPへ戻る


footline