↑今一番おすすめの記憶術です。タダ読みだけで価値があります。

理解することが重要

何事でもまったく知識の無い分野は記憶力が低下してしまいます。
全く新しい分野に取り組むときには、初めて見る単語がたくさん出てくるので、意味が理解できないでしょう。
そんな時には、意味の分からない言葉を自分が分かりやすい言葉などに置き換えると覚えやすくなります。
言葉に直すことが出来ない場合は、イメージとして捉えても良いでしょう。
専門的な事をそのまま理解しようとするから難しいのです。
その為には、自分にとって分かりやすい教材を選ぶ事も必要だと思います。
特に基礎となる部分はとても重要で、分からない事柄も小学生レベルまで下げて考える事が必要になってきます。
小学生は簡単な事を習っているようですが、全ての基礎に当たる部分ですから、疎かにしてはなりません。
小学生レベルの問題が解けないと、それ以降の問題は小学生レベルの応用になってくるので、解くことが出来なくなってしまいます。
記憶力を高める為にも、ベースの部分が必要となるのです。
専門書などを読むときには、重要だと思われる箇所にアンダーラインを引いて、覚えようとする箇所を決めてしまいましょう。
なれていない人は文章の多くを重要箇所としてしまいますが、全体の中でも2〜3割程度が重要な箇所とするべき量です。
アンダーラインを引いた箇所を自分の言葉に理解しなおし、記憶するという習慣をつけるようにしましょう。
これも訓練を行う事によって徐々に身についてきます。
まったく理解不能な分野を覚えるときには、何かに置き換えることが必要となるのです。
円周率などを何桁にも覚えるのは、単調で覚えにくい事ですが、何かに置き換えることで覚えやすくなっていくのです。

記憶術は長年研究され、様々な記憶術が登場しました。 現在も研究されつづけていますが、、個人的に「ああ、なるほどな」と思った記憶術がいくつかあります。
下記の記憶術の理論は、読むだけでも非常に参考になるので一読してみることを強くおすすめします。

川村明宏のジニアス記憶術

上記が現在の日本では画期的な記憶術のひとつとなります。
あくまで参考までにご覧下さい。
川村明宏のジニアス記憶術は、「ああ、なるほどな」という方法論です。

このページのTOPへ戻る


footline