↑今一番おすすめの記憶術です。タダ読みだけで価値があります。

必死になる動機

人は死に物狂いになれば何でも出来るようになります。
人が発揮できる能力は意外と大きいもので、普段は利用されていないだけです。
家族が死にかけた時に思わぬ力を発揮したりなど、普段は意識していない能力が目覚めるのです。
記憶に関しても同様のことが言えます。
人の脳はまったく使われていない部分があると言われています。
全ての能力を発揮する事ができれば、超人になる事も出来るようです。
これも訓練一つで高める事が出来ます。
記憶力を高める為の一つの方法としては、集中力を高める訓練が役に立ちます。
火事場の馬鹿力は集中力の極限まで達した事により、今まで眠っていた能力が現れてきたのです。
よくスポーツ選手が、自分が走るラインが見えたとか、自分が飛ぶコースが見えたなど、自分が成功する軌道がスローモーションのように見える事があります。
これも集中力のなせるわざで、プレッシャーなどに負けず、意識を自分のプレイのみに集中させている事で起こります。
オリンピック選手レベルになると、この集中力の有り無しによって成績に大きく左右してしまいます。
例えば、亡くなった人の為にとか、難病で戦っている家族の為になど大きな目標がある時には、集中力が増し雑念を消して思わぬ良い結果を出す事があります。
記憶力も集中力を高める事によって、能力が高まるのではないでしょうか。
その記憶を得るための強い動機があれば、自分が持っている力以上を発揮できる事があるのです。
受験に関しては強い信念を持っていれば、集中力が高まり、どんな事があっても合格するという気持ちが記憶力をアップさせるのです。
集中力は全ての事柄に当てはまり、仕事やダイエット、禁煙、受験など様々な分野で必要となるのです。

記憶術は長年研究され、様々な記憶術が登場しました。 現在も研究されつづけていますが、、個人的に「ああ、なるほどな」と思った記憶術がいくつかあります。
下記の記憶術の理論は、読むだけでも非常に参考になるので一読してみることを強くおすすめします。

川村明宏のジニアス記憶術

上記が現在の日本では画期的な記憶術のひとつとなります。
あくまで参考までにご覧下さい。
川村明宏のジニアス記憶術は、「ああ、なるほどな」という方法論です。

このページのTOPへ戻る


footline