↑今一番おすすめの記憶術です。タダ読みだけで価値があります。

記憶しようという意識

何も考えずに目にした事は直ぐに忘れてしまいます。
しかし、意識を集中し、覚えるという意識を持っていれば記憶力はアップします。
これは集中力とも関係しています。
短時間で物事をやり遂げようとする人は、集中力があり短時間で終わらせる事が出来ます。
逆に集中力の無い状態では、覚えようとしていても頭にうまく入ってこないという経験を持っていると思います。
ダラダラと時間をかけて覚えるのではなく、集中力を高め意識を1点に集める事により、脳が活性化され記憶力がアップします。
これは、勉強だけでなく、仕事の能力やスポーツにおいても同様の事です。
記憶として利用したい事柄は、必ずそのことに集中して行う事です。
例えば、人の名前は忘れやすい分野でもありますが、覚えようという意識があれば覚えられるはずです。
何となく名前を聞いただけでは、次に合ったときには忘れています。
しかし、この人の名前を覚えようとすると、名前だけでなくその人の特徴を印象付けたり、その人の顔の特徴や性格、その人が話していた事など関連を付けて覚えるでしょう。
これがそのことに集中し、覚えようとしている事になります。
その人の名前を覚えようとするときには、名前と顔だけでは直ぐに忘れてしまいます。
しかし、その人が好きな事や顔の特徴など印象に残った部分を関連付けると、名前を覚えやすくなるでしょう。
これは人が自然と行っている事ですが、この方法を常に行う癖を付けておくと、様々な分野に応用が効くようになります。
受験勉強の単語の暗記から、仕事に関して、難しい円周率を覚える事にまで利用できます。
人が覚えようと集中すればするほど、覚える為にはどうしたらよいか、頭をフル回転させて覚えようとしているのです。

記憶術は長年研究され、様々な記憶術が登場しました。 現在も研究されつづけていますが、、個人的に「ああ、なるほどな」と思った記憶術がいくつかあります。
下記の記憶術の理論は、読むだけでも非常に参考になるので一読してみることを強くおすすめします。

川村明宏のジニアス記憶術

上記が現在の日本では画期的な記憶術のひとつとなります。
あくまで参考までにご覧下さい。
川村明宏のジニアス記憶術は、「ああ、なるほどな」という方法論です。

このページのTOPへ戻る


footline