記憶術とは 目次

記憶術とは 記憶術はだれでもできます


↑今一番おすすめの記憶術です。タダ読みだけで価値があります。

記憶術とは

記憶術とは簡単に説明すれば、多くの事柄を記憶するという方法です。
人が記憶できる能力には限界があると思われている人も多いと思いますが、記憶術という訓練を行いちょっとしたコツを身に付ければ多くの記憶をコントロールできるようになります。
例えば、一度に多くの計算を行える人、一目見ただけで本の内容を覚えてしまう人などは特殊な能力の持ち主と考えられています。
しかし、その人の脳が特殊であるのではなく、記憶するポイントが異なっているだけです。
記憶するものをイメージとして捉える為、一瞬見ただけでも多くの数字を記憶する事ができ、それを頭の中で計算する事が出来るのです。
歴史の年号を覚えるときにも、ただ単に丸暗記をするだけでは限度が出てきますが、関連例のあるものに結びつける事によって覚える割合が多くなるでしょう。
これも一種の記憶術です。
記憶術は一つの事柄を映像として覚える方法で、脳の記憶の方法を利用し多くの情報を覚える方法です。
単に丸暗記をしたときの脳の動きと、映像として覚えたときの脳の動きは異なります。
映像として行った方が脳が活性化され、記憶も本棚から情報を引き出すかのように行えるのです。
この方法は全ての人が自然と行っている事なので、ちょっとしたコツを覚えるだけで記憶が大幅にアップします。
頭の回転が早い人は、脳をうまく使っており、イメージを働かせる能力に優れています。
記憶が悪い、頭の回転が悪い人でも、訓練を続ければ必ず出来るようになりますし、それ程難しい事ではありません。
人の脳は一部しか使っていない事が多いので、効率よく利用できるようにサポートするだけで良いのです。

記憶術は長年研究され、様々な記憶術が登場しました。 現在も研究されつづけていますが、、個人的に「ああ、なるほどな」と思った記憶術がいくつかあります。
下記の記憶術の理論は、読むだけでも非常に参考になるので一読してみることを強くおすすめします。

川村明宏のジニアス記憶術

上記が現在の日本では画期的な記憶術のひとつとなります。
あくまで参考までにご覧下さい。
川村明宏のジニアス記憶術は、「ああ、なるほどな」という方法論です。

このページのTOPへ戻る


footline